未来へのビジョン&取り組み

トップランナーとしての責任を果たす

トップランナーとしての責任を果たす

トップランナーという立場にある企業には業界に対する責任、社会に対する責任があると考えます。そこで八尾トーヨー住器では、社員の働き方や安全の確保などにも力を入れています。
この業界では珍しいフリーアドレス制(社員が特定のデスクを持たず自由に移動して仕事をすること)の導入による効率アップと労働時間短縮や、現場の各種設備を業界に先駆けて導入することで、安全で快適な職場づくりのスタンダードを提案しています。地球環境保護というのも企業のCSR活動の一環として注目されて久しい時代です。八尾トーヨー住器では太陽光発電の導入や営業車両へのEV(電気自動車)導入などに率先して取り組んでおり、今後も地球に優しい会社を目指してまいります。

価値観と情報の共有で新しい価値を創造する

価値観と情報の共有で新しい価値を創造する

住宅設備は取り扱う商品の種類がとても多い上に、次々と新製品が登場します。そのため商品に対する知識は必須で、お客様に十分なご提案をするにはそれだけの知識と情報を共有していなければなりません。
八尾トーヨー住器は月に一度、全社員を対象とした研修会を実施しており、知識や情報の共有を図っています。今後も続々と登場する新製品も含めた高い商品知識を武器に、お客様にとってメリットの大きなご提案ができる環境づくりを進めてまいります。
この研修会では代表からの伝達事項や共有事項のために時間も用意されており、価値観を共有することで八尾トーヨー住器にとって大切な「こころ」の軸を守っていくための取り組みを行っています。

これからも近畿一円のお客様の 安全と快適をクリエイト

これからも近畿一円のお客様の 安全と快適をクリエイト

八尾トーヨー機器は社名に「八尾」という地名が付いていることから八尾市内に特化した会社だと思われることがあります。しかし、八尾トーヨー住器の拠点は創業の地である八尾市をはじめ大阪や奈良などに広がっており、今後もスケールメリットをより発揮できるネットワークを構築して、八尾トーヨー住器だからこそできるご提案と仕事でご期待にお応えしてまいります。