八尾トーヨー住器が選ばれる理由

「こころ」を大切にする会社

「こころ」を大切にする会社

八尾トーヨー住器株式会社には、全社員が共有している「こころ」があります。それは仕事に対する姿勢だけではなく人として当たり前のこと、社会人としてなすべきことという道しるべで、そのまま「こころ」という名前の小冊子にまとめています。これは会社が作って社員に配布したものではなく、社員が皆で考えて作り上げたものです。入社時に研修でも活用していますが、その時に読んで終わりというものではありません。仕事で何か困った時、判断に迷った時に私たちは、「こころ」にはどう書かれているのかを読み返しています。
この存在によって、八尾トーヨー住器の仕事はブレることなく今日まで続けてくることができました。それはお客様に対しても信頼や安心感という形で伝わっているので、八尾トーヨー住器にとって最大の強みであると考えています。

社員の安全と満足から生まれた改善と進化

社員の安全と満足から生まれた改善と進化

誠実であること、約束を守ることなど、人として当たり前のことを大切にする八尾トーヨー住器では、社員にとっての安全や満足度の高さが大前提であると考えています。常に業務を改善し続け、そのために必要な設備を業界に先駆けて導入していくことで会社も進化し続ける必要があります。それがお客様満足にもつながるため、これまでさまざまな取り組みをしてまいりました。
400ccバイクをお客様対応に利用する住宅設備会社は珍しいと思いますが、規模の小さな工事や現地対応に最適なだけでなく渋滞の影響を受けないため、とても機動力が高くきめ細かい対応が可能になりました。また、運搬トラックにはリフトロッターという装置を導入し、積み下ろしの省力化と時間短縮を実現。屋根付きのウイング車を導入することで雨の日でも大切な商品を濡らすことなくお届けができるようにいたしました。
ここでご紹介をした取り組みは、ほんの一部です。これからも八尾トーヨー住器は、お客様、社員、そして会社それぞれの満足に向けて努力をいたします。

誰が、何を、いつまでにやるのかを明確にします

誰が、何を、いつまでにやるのかを明確にします

アルミサッシや各種リフォームなど、住宅設備に関連する商品はお客様にとって大きな買い物であることが多く、ドアひとつにしても一度取り付ければ長く使い続けるものとなります。それだけに失敗したくないという思いが強くなるのは当然のことで、誠意ある対応が求められます。
八尾トーヨー住器はこうした商品の性質を認識した上で、誰が、何を、いつまでにやるのかという責任の所在を明確にしています。窓口が一本化されているのはもちろんのこと、最初から最後まで担当者が責任を持って業務にあたっています。誠実であることや約束を守ることという、当たり前のことを当たり前に実践することが私たちの強みでもあるので、お客様の信頼とご期待を裏切ることなく1つ1つの信頼を積み重ねてまいります。