住宅サッシ

建物における窓の重要性が高いことをご存じですか?

窓は、内から見れば部屋の雰囲気を決めるインテリアであり、外から見れば建物の外観を決める大きな要素です。また、見た目意外にも、屋内に光や風を取り入れるなど、機能的な役割も担っています。
こうしたことから、窓は住環境を左右する重要な建材のひとつであるため、窓選びは慎重に行いましょう。

「窓を選ぶ=ガラスとサッシを選ぶ」ということ

「窓を選ぶ=ガラスとサッシを選ぶ」ということ

一般的に、窓はサッシとガラスでできており、窓を選ぶということは、それを構成しているガラスとサッシを選ぶことになるのです。
当社は、LIXILFC店(マドリエ)として、品質の高い窓のサッシを多数扱っています。
窓ガラスに様々な機能を持った機能ガラスがあるように、サッシにも様々な機能や特徴を持ったものがあります。代表的なアルミサッシをはじめ、最近では断熱性を高めた複合サッシや樹脂サッシといった商品も増えてきました。
ここでは、サッシの種類とその選び方を紹介しています。

素材別、サッシの特徴

・アルミ製

強度がありイニシャルコストが低いため、アパートやマンションのような集合住宅などで良く用いられている、最も普及している素材です。軽量なので開閉がしやすく、耐候性や防火性に優れているといった特徴があります。熱伝導率が高いため、断熱性に難があるのが欠点です。

・木製

障子や襖に使われている、日本人には馴染みのある素材です。熱を伝えにくく、質感や風合いの良さがとても魅力的な素材ですが、他の素材に比べ腐食しやすく耐久性が低いという欠点もあります。また、燃えやすさも懸念のひとつでしょう。

・樹脂製

熱伝導率が低く断熱性に優れたる素材で、複層ガラスと組み合わせることで、高い断熱性を実現します。こうした特徴から、北海道や東北地方などの寒い土地で多く使用されています。一般的なアルミ製品よりも強度が低いので、それを補うため厚くなってしまいがちです。

・複合サッシ

機能を高めるため、異なる素材を組み合わせて作られたサッシです。例えば、デザイン性に優れたアルミと断熱性の高い樹脂を組み合わせるなど、それぞれの素材の特徴を活かした商品があります。

窓

  • SPECIAL PARTNER

  • PARTNER

ドア

    • SPECIAL PARTNER

    • PARTNER